ルルシアの効果を実感できない人の特徴7選

2019年6月14日

『ルルシアは効果がある。なのに効果を実感できない』

という人がいます。

世の中には、ルルシアの効果が浸透しにくい体質の人がいます。こういう体質の人はどれだけルルシアを使ってもその効果を実感するのは困難です。

でも、世の中には、ルルシアの効果が浸透しやすい体質なのにもかかわらず効果を実感できない人もいるんです。

効果が浸透しやすい体質なのにもかかわらず効果を実感できない人には特徴があります。

その特徴を紹介したいと思います。

ルルシアの効果を実感できない人の特徴

特徴1、即効性を求める

効果を実感できない人には、即効性を求める人が多いです。

育毛剤は、3ヶ月継続して使わないと効果を実感できないと言われています。

どの育毛剤でも3ヶ月は使い続けないと効果を実感できないんです。

ルルシアも例外ではありません。

ローマが一日にして成らないように、育毛も一日にして成らないんです。地道な努力が必要なんです。

でも即効性を求める人には、その地道など努力ができない人が多い。

そのため、効果が実感できない人も多いんです。

育毛にとって、短気は損なんです。

損しないためにも、育毛は根気強く続けることをおすすめします。

特徴2、偏食している

現代人には、偏食している人が多いと言われています。

偏食すればするほどに栄養不足になりやすくなります。

栄養不足になれば、育毛に必要な栄養素も不足してしまいます

育毛に必要な栄養が不足すれば、育毛を幾ら使っても効果が現れにくくなってしまいます

育毛には、栄養が必須です。育毛剤にも栄養成分が配合されていますが、それだけでは不十分です。食事から摂取できる栄養成分も摂らないと充分とは言えないんです。

育毛剤は、ただそれだけを使っていれば髪の毛が生えてくるというような魔法の薬ではないんです。食事から得る栄養成分もないとその効果を最大限に発揮できないような不完全なものなんです。

なので、育毛剤を使うときは、偏食などしないで、バランスの良い食生活を心掛けることを推奨します。

特徴3、睡眠不足

睡眠不足は、体の機能を低下させます。

体の機能が低下すれば、体に備わっている育毛機能も低下します。

育毛機能が低下すれば、当然、どれだけ育毛剤を使っても効果が現れない!という可能性が高くなります

育毛に成功したいならば、睡眠不足にならないよう注意しましょう。

特徴4、ストレスの溜め過ぎ

ストレスを溜め過ぎたせいで胃炎になったり、下痢になったり、鬱病になったりすることがあります。

なぜか?

ストレスには肉体の機能を低下させる負の力があるからです。

ストレスによって肉体の機能が低下すれば、育毛機能も低下します。

育毛機能が低下すれば、当然、育毛剤を使っても育毛効果が現れない可能性が高くなります

肉体の育毛機能を維持するためにも、ストレスの溜め過ぎないでください。

特徴5、毎日育毛剤を使ってない

育毛剤は、継続的に使わないと効果が現れにくくなってしまいます

薬に一日に必要な使用回数があるように、育毛剤にも一日に必要な使用回数があるからです。

当然、必要な使用回数より少ないと効果が現れにくくなってしまいます

効果が現れやすくするためにも、必要な使用回数は守りましょう。

ルルシアを大量に使っても効果は上がらない!

以下のコメントは、株式会社キーリーの社員のコメントです。

ルルシアの使用量に関しまして、頭皮が吸収できる有効成分の量には限りがあるため、育毛剤を大量に使用しても育毛効果が上がるということはないかと存じます。

そのため、一度で大量に使用したりするのではなく「適量を気になる箇所に重ね塗りをする」など調整してご使用いただくことをおすすめいたします。

回数に関しましても、1日に何回もご使用ではなく、朝、晩の2回ご使用を推奨しております

また、ルルシアには、育毛効果はもちろんですが抜け毛予防や頭皮環境を改善する効果もございますので、ご使用の際は気になる部分だけでなく頭皮全体に塗布される事をおすすめしております

以上の理由で、ルルシアを使いすぎないほうが良いようです。

特徴6、洗髪の回数が多すぎる

一日の洗髪の数が多すぎると、育毛効果が低下してしまうリスクが高くなってしまいます

理由は2つ。

1つは、頭皮や髪を傷めやすくなるからです。

頭皮や髪が傷めば、頭皮や髪の育毛機能が低下します

頭皮や髪の育毛機能が低下すれば、当然、育毛剤の効果も低下してしまいます。

2つ目は、頭皮にいる常在菌の数が減るからです。

常在菌は、頭皮内に住んでいます。

常在菌は、皮脂を乳化させたり、弱酸性にしたり、病原菌から体をまもってくれたりしてくれます。

この常在菌は、洗髪すると皮脂と一緒に洗い流されてしまいます。

シャンプーで洗髪するだけでも、95%近くの常在菌が洗い流されると言われています。

この常在菌が元の数に戻るのにかかる時間は、現時点では明らかになっていません

30分から2時間ぐらいかかるという説もあれば、12時間や1日ぐらいかかるという説もあります。

いずれにしても減った常在菌が元の数に戻るには時間がかかります。

それなのに頻繁に洗髪をすれば、当然、元の数に戻る前に常在菌が減ってしまいます。

体に有用な常在菌が減った状態が長く続けば、頭皮や髪の健康が損なわれるリスクが高まります。

常在菌の少なさが原因で頭皮や髪の健康が損なわれれば、当然、育毛剤の効果も低下してしまいます。

ーーーーーーーーー

以上の理由で洗髪は、し過ぎないほうが良いんです。

洗髪は一日一回で充分だと言われています。

私自身、子供の頃から洗髪は一日一回の習慣を続けていますが、何の問題もなく、30歳を迎えることができましたw

特徴7、紫外線対策をしていない

紫外線には、肌の老化を促進する働きがあります。肌だけではなく、髪の毛の老化も促進する働きもあります

紫外線を浴び続ければ、その分だけ髪の老化が進行するリスクが高まります。

髪の老化が進めば、その分だけ育毛剤の効果を実感するのが難しくなります。

髪の老化が進んでしまうと、髪の健康を維持・向上する力が衰えています。

そのため髪の老化の進むほどに育毛剤の効果を実感するのが困難になってしまうんです。

髪の老化が進めば、髪の力が衰えるだけでなく、髪の寿命も短くなってしまいます

髪の寿命が短くなれば、当然、髪が抜けるのが早くなってしまいます。

今存在している髪の健康を維持・向上するためにも、ルルシアの効果を最大限に発揮するためにも、薄毛や抜け毛を減らすためにも、紫外線対策はきちんとすることをおすすめします。

ルルシアの効果を実感できない人の特徴7選・まとめ

①即効性を求める

②偏食している

③睡眠不足

④ストレスの溜め過ぎ

⑤毎日育毛剤を使ってない

⑥洗髪の回数が多すぎる

⑦紫外線対策をしていない

以上の特徴がある人に、育毛剤の効果を実感できない人が多いんです。

上記の特徴に該当するものが1つでもある人は、ルルシアを使う際にその特徴を改善する努力をすることをおすすめします。

この記事を読んでルルシアに興味を持った方は公式サイトにアクセスしてみてね♪